menu

恵比寿映像祭2023

2/3 Friday – 2/19 Sunday 2023

Time —
10:00−20:00*Until 18:00 on the final day (2/19)

Venues —
Tokyo Photographic Art Museum, Center Square of Yebisu Garden Place, affiliated local facilities, galleries, etc.

Admission —
Free *Admission will be charged for some programs such as screenings etc.

テクノロジー?

Copyright © TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM All Rights Reserved.

Technology?

Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023

15 days / Closed on Mondays
Asia/Tokyo, 20:39
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
テクノロジー?
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
scroll
scroll
会期
令和5(2023)年2月3日(金)~2月19日(日)[15日間]〈月曜休館〉 一部展示は3月26日(日)まで
会場
東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか
時間
10:00~20:00(2月3日~2月19日/19日は18:00まで)
※コミッション・プロジェクト(3F展示室)のみ10:00~18:00
(2月21日~3月26日/木・金は20:00まで)

※入館は閉館の30分前まで
入場料
無料
※一部のプログラム(上映など)は有料
※オンラインによる 日時指定予約を推奨いたします。
※諸般の事情により、開館時期・内容等を変更する場合がございます。展覧会等の詳細、最新の情報は本ホームページをご確認ください。

恵比寿映像祭2023

テーマについて

恵比寿映像祭2023 テーマについて

THIS YEAR'S THEME

テクノロジー?

私たちが日常目にする映像技術である、写真、映画、ヴィデオやアニメーション。これら映像表現のテクノロジーは、19世紀以降、大きく発展し、今日では高解像度のイメージや、より長時間の映像を処理することができるようになりました。映像技術は、より高精細で、より情報量の多いイメージを作ることを目指して発展してきたと言っても良いかもしれません。
技術には、一般化されて広く共有され、定着していくという側面がありますが、共有されるための規範は、誰が、いつ、どのように決めるのでしょうか?今当たり前に見ている高精細の映像が、100年後にどのようなリアリティとして受け止められるのかは誰も予測できません。歴史を振り返ったとき、技術が思いがけない要素として働いていた、ということを発見することがあります。例えば、高解像度の映像の中に、敢えて手作りの感触を含めることで、臨場感を高めるなど、時にアーティストの表現は、その技術の対話の中から生み出され、思いもよらない発見を生み出す未知なる可能性を持っています。恵比寿映像祭2023では、「テクノロジー?」というテーマを通して、多種多様な映像表現の実践を検証し、アートと技術との対話の可能性を考察していきます。

READ MORE

COMMISSION PROJECT

コミッション・プロジェクト

恵比寿映像祭2023では、日本を拠点に活動するアーティスト4名を選出し、制作委嘱した映像作品を「新たな恵比寿映像祭」の成果として発表する「コミッション・プロジェクト」を開始します。選出されたアーティストは、東京都写真美術館の3F展示室で新作の未発表作品を発表し、会期中に4作品のなかから特別賞を決定します。なお、コミッション・プロジェクトのみ通常会期を延長して、2023年3月26日まで展示します。

恵比寿映像祭2023
コミッション・プロジェクト
選出アーティスト

荒木悠

ワシントン大学で彫刻を、東京藝術大学では映像を学ぶ。日英の通訳業を挫折後、誤訳に着目した制作を始める。英語圏において、「鋳造」と「配役」がどちらも「キャスティング(casting)」と呼ばれていることを起点に、オリジナルからコピーが作られる過程で生じる差異を再現・再演・再生といった表現手法で探究している。2018年はアムステルダムのライクスアカデミーにゲスト・レジデントとして滞在。2019年フューチャージェネレーション・アートプライズのファイナリストに選出。2020-21年度アーツコミッション・ヨコハマU39アーティストフェロー。 http://yuaraki.com/

葉山嶺

野生動物や環境問題と深く関わる特殊な環境で幼少期を過ごす。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科で学び、2008年より映像制作を始める。自然と人間との調和を求める彼女の作品は、人間中心的な視点から失われたり、無視されたりする自然や生き物を中心に展開され、人間には見ることができない「自然の現実の層」を人間の想像力の中に浮かび上がらせる。近年では、Bonner Kunstverein(ドイツ)、National Gallery of Zimbabwe(ジンバブエ)、Jeu de Paume(フランス)、Sifang Art Museum(中国)、釜山ビエンナーレ2020、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)、Empty Gallery(香港)などで展示・上映されている。 https://www.reihayama.net/

金仁淑(キム・インスク)

韓国の漢城大学芸術大学院西洋画科写真映像コースに留学後、15年間のソウル暮らしを経てソウルと東京を拠点に制作活動を展開。「多様であることは普遍である」という考えを根幹に置き、「個」の日常や記憶、歴史、伝統、コミュニティ、家族などをテーマに制作を行い、 写真、映像を主なメディアとして使用したインスタレーションを発表している。2008年に光州市立美術館で個展「sweet hours」を開催。韓国国立現代美術館やドイツ・デュッセルドルフ市などが運営するアーティスト・イン・レジデンシーで滞在制作を行い、大邱フォトビエンナーレ、森美術館(東京)、東京都写真美術館など、国内外の芸術祭や企画展で作品を発表する。

大木裕之

東京生まれ。高知県、東京都、他各地拠点。東京大学工学部建築学科在学中の80年代前半より映像制作を始める。1990年にイメージフォーラム・フェスティバル審査員特別賞を受賞、1996年第46回ベルリン国際映画祭ネットパック賞を受賞。その表現活動は映像に留まらず、ドローイング、インスタレーション、パフォーマンスにまでおよぶ。世界各地を移動しながら生活と哲学の相関関係を探り、動的ネットワークで複雑に構成される世界を描き出す。独特で詩的な映像表現は国内外で高く評価され、国際展および映像祭に多数参加。 撮影:西村知巳

※各プログラム詳細情報については、確定したものから公開します。
READ MORE

OFFSITE

オフサイト展示

野老朝雄+平本知樹+井口皓太《FORMING SPHERE》

恵比寿映像祭2023では、シビック・クリエイティブ・ベース東京 [CCBT]における「アート・インキュベーション・プログラム」に参加する、東京2020オリンピック競技大会開会式の演出を手がけた野老朝雄、平本知樹、井口皓太によるインスタレーションをオフサイト会場で展示する予定です。

作家プロフィール

野老朝雄

美術家/Artist
1969年東京生まれ。幼少時より建築を学び、江頭慎に師事。2001年9月11日より「つなげること」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインなど、分野の境界を跨ぐ活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいた定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている。主な作品に東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム、大名古屋ビルヂング下層部ガラスパターン、TOKOLO PATTERN MAGNETなど。2016年より東京大学工学部非常勤講師、2018年より東京大学教養学部非常勤講師を務める。

平本知樹

空間デザイナー/建築家
1987年生まれ、慶応義塾大学大学院(SFC)政策・メディア研究科エクスデザイン専攻修士課程修了。学生時代にFabLab Japanの発足に携わり、2015年にwipを設立。デジタル技術を駆使しプロダクトから空間デザインまでスケールを横断したデザインを行う。東京2020オリンピック・パラリンピックでは、表彰台プロジェクトを手がけ、オリンピック開会式ではドローン演出3Dアニメーション制作にも加わった。書籍『3D Printing Handbook/オライリー・ジャパン』の執筆やデザイン誌で連載などを行う。

井口皓太

映像デザイナー/クリエイティブディレクター
1984年生まれ、NYと東京を拠点に活動。2008年武蔵野美術大学基礎デザイン学科在学中に株式会社TYMOTEを設立。2013年にクリエイティブアソシエーションCEKAIを設立。動的なデザインを軸に、モーショングラフィックスから実写映像監督、また、チームビルディング型のクリエイティブディレクションを得意とする。2020年にはオリンピック・パラリンピック大会史上初となる「東京2020 動くスポーツピクトグラム」の制作を担当。開会式典ではVideo Directorとして参画し、同大会のドローン演出3Dアニメーションも制作している。主な受賞歴に2014 東京TDC賞、D&AD2015 Yellow pencil、NY ADC賞2015 Gold、The One Show 2022 Silver、AICP SHOW 2022 Design 受賞、AICP POST AWARDS 2022 Motion Design and Graphics受賞など。京都芸術大学客員教授、武蔵野美術大学非常勤講師。

※各プログラム詳細情報については、後日公開します。

コミッション・プロジェクト|東京都写真美術館3F展示室

日本を拠点に活動する作家に制作委嘱した映像作品を「新たな恵比寿映像祭」の成果として発表する「コミッション・プロジェクト」。恵比寿映像祭2023では、荒木悠、葉山嶺、金仁淑(キム・インスク)、大木裕之の新作を展示します。

展示|東京都写真美術館2F・B1F展示室

総合テーマ「テクノロジー?」を軸に、東京都写真美術館の2F、B1F、2つの展示室で、多様な現代作家の作品群や美術館の収蔵作品などをご体験いただけます。

上映|東京都写真美術館1Fホール

東京都写真美術館1Fホールを会場に、恵比寿映像祭のために特別に編まれた上映プログラムを連日お届けします。劇映画から、実験映画、ドキュメンタリー、アニメーション、現代美術作品まで、日本初公開作品を含め、国内外から多様な作品が集います。上映後には、監督やゲストを招きトーク・セッションを開催します。

ライヴ・イヴェント|東京都写真美術館2F展示室・2Fロビー・1Fホール

東京都写真美術館1Fホールや2Fロビー、2F展示室を会場に、従来の映像の枠を超えたパフォーマンスを行います。いつもとは違う美術館での新しい体験をお楽しみください。

教育普及プログラム

教育普及プログラムは、多様な方が参加しやすいプログラムをはじめ、恵比寿映像祭をより身近に、より深く楽しんでいただくため、様々なプログラムをご用意しています。

オフサイト展示|恵比寿ガーデンプレイス センター広場

恵比寿ガーデンプレイスの中心に位置するセンター広場には、訪れた人々すべてに体験可能な屋外作品が登場します。恵比寿映像祭2023では、東京都歴史文化財団の新規事業である、シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]のアーティスト・フェローによる作品を展示します。

YEBIZO MEETS|地域連携各所、オンラインほか

恵比寿映像祭と、地域文化施設やネットワークにより実現するYEBIZO MEETS。地域連携プログラムでは、各施設が恵比寿映像祭会期中に展覧会およびイヴェントを開催します。

ラウンジトーク

インターネット上からどなたもアクセスできるオープンな場で、出品作家やゲストを迎えてのトークを行い、フェスティヴァルの楽しみを広げます。

シンポジウム

総合テーマ「テクノロジー?」を堀り下げるシンポジウムを、多彩な登壇者を迎えて開催します。

※各プログラム詳細情報については、後日公開します。