menu

恵比寿映像祭2023

2/3 Friday – 2/19 Sunday 2023

Time —
10:00−20:00*Until 18:00 on the final day (2/19)

Venues —
Tokyo Photographic Art Museum, Center Square of Yebisu Garden Place, affiliated local facilities, galleries, etc.

Admission —
Free *Admission will be charged for some programs such as screenings etc.

テクノロジー?

Copyright © TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM All Rights Reserved.

Technology?

Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023

15 days / Closed on Mondays
Asia/Tokyo, 06:44
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
テクノロジー?
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023 Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
scroll
scroll
会期
令和5(2023)年2月3日(金)~2月19日(日)[15日間]〈月曜休館〉 一部展示は3月26日(日)まで
会場
東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか
時間
10:00~20:00(2月3日~2月19日/19日は18:00まで)
※コミッション・プロジェクト(3F展示室)のみ10:00~18:00
(2月21日~3月26日/木・金は20:00まで)

※入館は閉館の30分前まで
入場料
無料
※一部のプログラム(上映など)は有料
※オンラインによる 日時指定予約を推奨いたします。
※諸般の事情により、開館時期・内容等を変更する場合がございます。展覧会等の詳細、最新の情報は本ホームページをご確認ください。

恵比寿映像祭2023

テーマについて

恵比寿映像祭2023 テーマについて

THIS YEAR'S THEME

テクノロジー?

私たちが日常目にする映像技術である、写真、映画、ヴィデオやアニメーション。これら映像表現のテクノロジーは、19世紀以降、大きく発展し、今日では高解像度のイメージや、より長時間の映像を処理することができるようになりました。映像技術は、より高精細で、より情報量の多いイメージを作ることを目指して発展してきたと言っても良いかもしれません。
技術には、一般化されて広く共有され、定着していくという側面がありますが、共有されるための規範は、誰が、いつ、どのように決めるのでしょうか?今当たり前に見ている高精細の映像が、100年後にどのようなリアリティとして受け止められるのかは誰も予測できません。歴史を振り返ったとき、技術が思いがけない要素として働いていた、ということを発見することがあります。例えば、高解像度の映像の中に、敢えて手作りの感触を含めることで、臨場感を高めるなど、時にアーティストの表現は、その技術の対話の中から生み出され、思いもよらない発見を生み出す未知なる可能性を持っています。恵比寿映像祭2023では、「テクノロジー?」というテーマを通して、多種多様な映像表現の実践を検証し、アートと技術との対話の可能性を考察していきます。

READ MORE

COMMISSION PROJECT

コミッション・プロジェクト

東京都写真美術館3F

日本を拠点に活動するアーティストに制作委嘱し、恵比寿映像祭で新作の映像作品を発表する新たなプロジェクトです。会期中に公開された作品の中から特別賞を選出します。

READ MORE

OFF-SITE PROJECT

オフサイト展示

恵比寿ガーデンプレイス センター広場

野老朝雄+平本知樹+井口皓太《FORMING SPHERES》

東京2020オリンピック競技大会の開会式でドローン演出を手がけた野老朝雄、平本知樹、井口皓太が屋外インスタレーション作品を発表します。本作品はシビック・クリエイティブ・ベース東京 [CCBT]による「アート・インキュベーション・プログラム」のアーティスト・フェロー活動の一環として制作されます。

シビック・クリエイティブ・ベース東京
《FORMING SPHERES》2023年[参考図版]
READ MORE

コミッション・プロジェクト|東京都写真美術館3F展示室

恵比寿映像祭2023では、日本を拠点に活動するアーティストを選出し、制作委嘱した映像作品を“新たな恵比寿映像祭”の成果として発表する「コミッション・プロジェクト」を開始します。映像表現に通じた国内外の審査委員によって荒木悠、葉山嶺、金仁淑(キム・インスク)、大木裕之が選出され、4名は東京都写真美術館の3F展示室で新作を発表します。また、会期中にこの4作品のなかから特別賞を決定します。

展示|東京都写真美術館2F・B1F展示室

総合テーマ「テクノロジー?」のもと、時代ごとにアートと技術がどのような関係のなかで、表現を生み出してきたかを考察することで、テクノロジーに溢れた現代を考えるヒントを探っていきます。2Fの展示室では、アートと技術の関係を身体や機械、人工などの観点から紐解きます。B1Fの展示室では、都市や自然の諸相をめぐるアーティストたちの表現や、そこに向けられた機械の眼などを歴史的に考察します。

上映|東京都写真美術館1Fホール

東京都写真美術館1Fホールを会場に、恵比寿映像祭のために特別に編まれた上映プログラムを連日お届けします。劇映画から、実験映画、ドキュメンタリー、アニメーション、現代美術作品まで、日本初公開作品含め、国内外から多様な作品が集います。上映後には、監督やゲストを招きトーク・セッションを開催します。

ライヴ・イヴェント|東京都写真美術館2F展示室・2Fロビー・1Fホール

東京都写真美術館1Fホールや2Fロビー、2F展示室を会場に、従来の映像の枠を超えたパフォーマンスを行います。いつもとは違う美術館での新しい体験をお楽しみください。

オフサイト展示|恵比寿ガーデンプレイス センター広場

恵比寿ガーデンプレイスの中心に位置するセンター広場には、訪れた人々すべてに体験可能な屋外作品が登場します。恵比寿映像祭2023では、東京都歴史文化財団の新規事業である、シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]のアーティスト・フェローによる作品を展示します。

YEBIZO MEETS 地域連携プログラム

YEBIZO MEETS地域連携プログラムでは、恵比寿近隣の地域で活躍するアートの担い手と総合テーマを共有して、それぞれ選りすぐりの展覧会ほか多彩なイヴェントを開催します。また同時に各施設をめぐるシールラリーを通じてフェスティヴァルを楽しむきっかけをつくります。シールを集めると記念品を贈呈。この機会にぜひ訪れてみてください。

ラウンジトーク

インターネット上からどなたもアクセスできるオープンな場で、出品作家やゲストを迎えてのトークを行い、フェスティヴァルの楽しみを広げます。

シンポジウム

総合テーマ「テクノロジー?」を堀り下げるシンポジウムを、多彩な登壇者を迎えて開催します。

※各プログラム詳細情報については、後日公開します。