INFORMATION

恵比寿映像祭とは

Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions

恵比寿映像祭は、平成21(2009)年の第1回開催以来、年に一度恵比寿の地で、展示、上映、ライヴ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行なってきた映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化と、映像表現やメディアの発展をいかに育み、継承していくかという課題について広く共有する場となることを目指してきました。

本フェスティヴァルのロゴはそうした背景ももとに、映像をめぐって、ひとつではない答えをみんなで探していこう!という基本姿勢を、オープンなフレームとしてのカッコに託しました。映像というカッコにあえて入れてみることで、はじめて見えてくるものがあるはず――何かを限定するためではなく、いろんなものを出し入れして、よく見てみるためのカッコです。

第14回テーマについて

スペクタクル後|AFTER THE SPECTACLE

誰もが経験したことのないパンデミックによって、私たちの日常は大きく変化しました。その中においても、映像はより身近なメディアとして浸透し、社会、政治、経済、文化の変化を映し出すツールのひとつになっています。とりわけ、ソーシャルメディア上のコミュニケーションによって、誰もが複層的な次元で映像体験が可能となった現代は、祝祭的イヴェントから、災害や戦争などの出来事まで、いかなる情報も、一大スペクタクルに見える時代です。* 

スペクタクルという言葉は、風景や光景という意味のほかに、しばしば壮大な見世物という意味で使われています。その語源、ラテン語のspectaculum(スペクタクラム)には、光学的な意味と同時に、地震や火山噴火などの天変地異などが含まれていました。19世紀になると、近代国家の誕生とともに、博覧会、写真、映画のなかで、それまでの天変地異は、壮大な風景や見世物として視覚的に再現され、人々に受容されていきます。

第14回恵比寿映像祭では、「スペクタクル後」をテーマに19~20世紀の博覧会や映画の歴史から現代にいたるイメージおよび映像表現について考察します。現代作家による展示や上映、イヴェントに加え、小原真史氏をゲスト・キュレーターに迎えた博覧会関連資料と当館コレクションによる企画や、映像作家・遠藤麻衣子によるオンライン映画プロジェクト、さまざまな作品との出会いを拡げる教育普及プログラムなどの新たな構成によって、映像体験の可能性を探っていきます。

第14回恵比寿映像祭ディレクター 田坂博子

*フランスの思想家のギー・ドゥボールは1967年に発表した『スペクタクルの社会』で、見世物という限られた意味ではなく、「イメージ」で構成された現代社会を把握する概念として「スペクタクル」を考察し、メディアによってイメージだけを植え付けられ、ただ受け身でいる状態をスペクタクル社会として批判しています。

開催概要

名称
第14回恵比寿映像祭「スペクタクル後 AFTER THE SPECTACLE」
会期
令和4年2月4日(金)~2月20日(日)《15日間》月曜休館
会場
東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか
時間
10:00~20:00 (最終日は18:00)※入館は閉館の30分前まで
料金
入場無料
※3階展示室、定員制のプログラム(上映、イヴェントなど)、一部のオンラインプログラムは有料
※オンラインによる 日時指定予約を推奨いたします。
※諸般の事情により、開館時期・内容等を変更する場合がございます。展覧会等 の詳細、最新の情報は映像祭ホームページをご確認ください。
主催
東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・ アーツカウンシル東京/日本経済新聞社
共催
サッポロ不動産開発株式会社/公益財団法人日仏会館
後援
株式会社TBSホールディングス/J-WAVE 81.3FM
協賛
サッポロビール株式会社/東京都写真美術館支援会員

スタッフ

ディレクター
田坂博子
キュレーター
多田かおり、伊藤貴弘、遠藤みゆき、藤村里美
エデューケータ―
武内厚子
インターン
丹治圭蔵、戸部瑛理
広報・渉外・地域連携
池田良子、平澤綾乃、鈴木彩子
プロデューサー
柳生みゆき
学芸統括
関次和子
ゲスト・キュレーター
小原真史
編集
内田伸一
和文英訳
アンドレアス・シュトゥールマン
ウエブ・デザイン
前田晃伸、黒木晃、庄野祐輔(MAEDA DESIGN LLC.)
CG
浮舌大輔
ウエブ監修
萩原俊矢

お問い合わせ

こちらをご参照ください。