news

プレスリリース

第13回恵比寿映像祭の第3次プログラム上映及びオンライントークほかの詳細を発表いたします。

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京、日本経済新聞社は、令和3年2月5日(金)から2月21日(日)[8日(月)・15日(月)を除く15日間]まで、第13回恵比寿映像祭を開催いたします。今回の総合テーマは「映像の気持ち」です。見る人の気持ちを動かす映像の力に着目し、「動画」であるということ、に焦点をあてることで、その豊かさを提示しながら、映像とともに生きる現在を見つめなおす機会をつくります。

第3弾発表のプログラム情報として、上映及びオンライントークほかの詳細を発表いたします。
上映は、日本を代表するアニメーション監督・湯浅政明の長編デビュー作《マインド・ゲーム》の35ミリ上映やオランダの若手監督・ヴィンセント・ボーイ・カースによるフィクションとドキュメンタリーが交差するアート映画《ドラマ・ガール》、展示出品作家カワイオカムラによる3DCG異色作《ムード・ホール》ほか、テーマ「映像の気持ち」を体現させたかのような作品が勢ぞろいします。また、多種多様な古今東西のアニメーション作品やその作品制作を紐解くプログラムが多数揃います。

また、今だからこそ考えたい「映像の未来へのアーカイヴ(共同企画:NTTインターコミュニケーションセンター)」や「危機のなかの映画(共催:日仏会館)」についてのシンポジウムを実施いたします。また、「ラウンジトーク」や「YEBIZO MEETSトーク」などと併せて、オンライン配信でお届けいたします。今年の恵比寿映像祭は、ご自宅からもお楽しみください。

なお、東京都写真美術館展示室へのご入場に関しては、新型コロナウィルス感染症拡大防止のために事前予約制を導入いたします。またその他、衛生管理にも留意して開催をいたします。