news

プレスリリース

第13回恵比寿映像祭の第2次プログラム全展示詳細を発表いたします。

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京、日本経済新聞社は、令和3年2月5日(金)から2月21日(日)まで[8日(月)・15日(月)を除く15日間]、第13回恵比寿映像祭を開催いたします。

第13回を迎える今回の総合テーマは「映像の気持ち」。見る人の気持ちを動かす映像の力に着目し、「動画」であるということ、に焦点をあてることで、その豊かさを提示しながら、映像とともに生きる現在を見つめなおす機会をつくります。

第2次プログラム情報として、「展示(TOP・日仏会館・オフサイト・地域連携)全決定詳細を発表いたします。
恵比寿ガーデンプレイス センター広場のオフサイト展示では、WOWによる「光と影」の映像モニュメントが出現いたします。間接的な光と影によって生まれる表情が生み出す、心とカラダにしみいる映像体験を提示いたします。
日仏会館ギャラリーを会場とする展示では、渡辺豪が手掛ける一見すると写真のような3DCGによる近作インスタレーションを恵比寿最新版として展示いたします。作家の自室に積み上げられた書籍を一冊ずつ書き起こして再構成したアニメーションです。
東京都写真美術館全館を使った展示では、さまざまな映像の成り立ちを示す作品を多数紹介。韓国のチョ・ヨンガク、欧州を拠点とするユニットKEIKEN、3DCGを駆使するカワイオカムラなど新たな表現技術を軽やかに使いこなす新世代作家も多数紹介されます。
また、地域の担い手パートナーがテーマに合わせた企画を提示する「地域連携プログラム」は、今年で10 周年を迎えます。多彩なプログラムとともに、地域をめぐるシールラリーも実施いたします。