news

プレスリリース

第13回恵比寿映像祭のテーマおよび第1次出品アーティストを発表いたします。

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京、日本経済新聞社は、令和3年2月5日(金)から2月21日(日)まで[8日(月)・15日(月)を除く15日間]、第13回恵比寿映像祭を開催いたします。

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、イヴェント、トーク・セッションなどを複合的かつ、領域横断的に紹介する映像とアートの国際フェスティヴァルです。第13回を迎える今回の総合テーマは「映像の気持ち」。見る人の気持ちを動かす映像の力に着目し、「動画」であるということ、に焦点をあてることで、その豊かさを提示しながら、映像とともに生きる現在を見つめなおす機会をつくります。

さまざまな動画表現の工夫の歴史を示す先駆的な作品を参照しつつ、3DCGを用いてシュールで謎めいた独特の世界観を描き出す異才ユニット、カワイオカムラ、A.I.やデータサイエンスを動画生成に取り入れて新しい感性の想像に挑む韓国のチョ・ヨンガクといった同時代の表現をご紹介します。