news

ニュース

上映出品作家・小田香が「第1回大島渚賞」受賞

上映出品作家・小田香が「第1回大島渚賞~Oshima Prize 2020~」受賞者に決定しました。「大島渚賞」は、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)が創設した映画賞で、世界を視野に入れている次世代監督を顕彰する賞です。審査員長は、坂本龍一氏(音楽家)、審査員は、黒沢清氏(映画監督)、荒木啓子氏(PFFディレクター)。令和2年3月20日に、都内で記念上映会が予定されています。

[第12回恵比寿映像祭 出品作品]

小田香《セノーテ》──記憶から新たに立ち上がる風景[上映は終了しました]