news

プレスリリース

第12回恵比寿映像祭のテーマおよび第1次出品アーティストを発表いたします。

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京、日本経済新聞社は、令和2年2月7日(金)から2月23日(日・祝)まで[10日(月)・17日(月)を除く15日間]、第12回恵比寿映像祭を開催いたします。

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァルです。第12回を迎える今回の総合テーマは「時間を想像する」。誰にとっても身近であり同時に解き明かされていない時間を、アートや映像表現から想像することで、動く写真(モーション・ピクチャー)である映像の本質に迫り、改めて現在を考察していきます。

展示では、映画・ヴィデオ・写真などにより領域横断的に活躍するカナダの代表的アーティストのスタン・ダグラス(カナダ)、2019年ヴェネツィア・ビエンナーレ韓国館代表のナム・ファヨン(韓国)ほか、国内外のアーティストが多数参加予定です。また、東北を拠点とし、近年活動が注目されるアート・デュオ、小森はるか+瀬尾夏美(日本)、世界各地の映画祭で高く評価される実験映像作家ベン・リヴァース(イギリス)が展示と上映に出品します。上映では、そのほか活躍著しい作家から新進作家まで紹介します。