program

教育普及プログラム 無料

恵比寿映像祭を星占いでガイダンス

2023年2月3日 - 2023年2月19日

東京都写真美術館

恵比寿映像祭を星占いでガイダンス

鏡リュウジ(占星術研究家)

占星術研究家の鏡リュウジが占星術により導き出したそれぞれの星座の特性をご紹介。思いがけなく結ばれる作品との縁が、より深い鑑賞体験へ誘います。フェスティヴァル会場のすべての作品を鑑賞するには時間が足りない方や、意思を越えた鑑賞体験をお望みの方は、星のガイダンスによって導かれた作品を中心にめぐってみてはいかがでしょうか? 会期中に東京都写真美術館1FロビーのYEBIZO MEETSコーナーにてお配りしています。

 

Astrological Guide

占星術:鏡リュウジ(占星術研究家)
作品セレクト・作品紹介:武内厚子(東京都写真美術館)

いま出会うことで心の琴線に触れる作品は、人によって同じではないはずです。本ガイドは、占星術によってそれぞれの星座の特徴などを紹介し、さらに星座の傾向にあわせたおすすめの作品をご紹介します。またいくつかの作品には見方を提案する問いかけを載せました。たくさんのみどころのあるフェスティヴァルを、まずはあなたの星座のおすすめ作品からめぐってみたり、グループでそれぞれのおすすめ作品を見てみたり、どうぞお楽しみください。

SNSでつぶやいてみよう!

問いかけに対する答えはオープンエンドです。ぜひあなたの答えをSNSでつぶやいて、ほかの人の見方と共有しましょう。自分では気づかなかった新しい見方に出会えるはずです。

#恵比寿映像祭 #美術館で星占い #◯◯座 #東京都写真美術館

牡羊座|3月21日─4月19日 生まれ

牡羊座は「活動の火」の星座。すべての起点となる最初の着火点です。エネルギッシュで、誰もまだ手をつけていない未開拓の領域にこそ魅力を感じる人。牡羊座がいなければこの世界に新しい挑戦はぐっと減ってしまうのではないでしょうか。太古の時代、最初のテクノロジーである「火」の扱いにチャレンジしたのはきっと牡羊座だったと想像します。この展示の中からパイオニア精神を見出すことができたらそれが牡羊座の感性でしょう。

[キーワード]
赤、ビビッドな色。競技場、競争を思わせるところ、火山、荒野、未開拓の地。刃物、闘争、武器、スポーツ、激しい感情を思わせるもの、挑戦を思わせるもの。鋭角的なもの。若者。

[おすすめ作品]
野老朝雄+平本知樹+井口皓太(恵比寿ガーデンプレイスセンター広場[YEBIZO MEETS])

Q. フロアに映し出される市松紋様に何を思い浮かべますか?

牡牛座|4月20日─5月20日 生まれ

牡牛座は「不動の地」の星座。この大地としっかりと向き合い、そこから豊かな実りを獲得していくことができる星座です。牡牛座は自然の豊かさや五感で感じることができる喜びを享受することができる人なのです。もしかしたら、農耕や牧畜といった大地からめぐみを引き出す最初のテクノロジーを生んだのは牡牛座だったかもしれません。この展示の中から、自然と人間の豊かな関わりを感じることができれば、それは牡牛座の感性かも。

[キーワード]
グリーン、豊かな自然の色。牧場、畑、自然の豊かさ、感覚的な喜びに満ちたもの、ファーマーズマーケット、銀行。果実、マッスなもの、食物、家畜、大地を思わるもの、肉感的なもの。

[おすすめ作品]
梅沢英樹+佐藤浩一《Echoes from Clouds》(B1F展示)

Q. この作品の音は、撮影地でフィールドレコーディングしたものを元にしています。どんな音が聞こえますか?

双子座|5月21日─6月21日 生まれ

双子座は「柔軟の風」の星座。風は知性を象徴します。風に乗るようにさまざまな言葉や知識、情報を伝達し、コミュニティを回転させていくことができる人。好奇心の旺盛さや頭の回転の速さは随一です。もしかしたら、太古の時代に最初に言葉や文字を発明したのは双子座だったのではないでしょうか。この展示の中から、あらゆる「伝達」に関わるテクノロジーの重要性やその新しい形を感じ取ることができればそれは双子座の賜物です。

[キーワード]
ミントグリーン。レモンイエロー。淡い色。都市、駅、商業施設、図書館、学校。本、言葉に関するもの、文具、コミュニケーションを想像させるもの。ペアのもの。

[おすすめ作品]
金仁淑《Eye to Eye》(3F展示)

Q. ある学校の生活の様子をとらえた映像です。どんな学校でしょうか? どんな生活をしていますか?

蟹座|6月22日─7月22日 生まれ

蟹座は「活動の水」の星座。激しく動く水は豊かな感情や情緒を表します。心豊かで、優しくて、身近な人を守ります。心と体を守るホームを大切にする人。すぐそばにいる人の気持ちを何よりも大事にするのが蟹座なのです。太古の時代、家族を守る家、あるいは共同体を守る村を作り、料理を始めたのはきっと蟹座だったことでしょう。蟹座さん、この展示の中から人の生活を守りケアするためのテクノロジーに思いを馳せてみてはいかが。

[キーワード]
乳白色、銀。白。家庭、キッチン、地域のコミュニテイ、人々の日常を思わせる場所、保育園、幼稚園。養育に関するところ。日常の生活に関わるもの、母性に関するもの。シルク。水に関するもの。

[おすすめ作品]
エンネ・ビアマン(B1F展示)

Q. ビアマンの写した家族のポートレートには、どんな特徴がありますか?

獅子座|7月23日─8月22日 生まれ

獅子座は「不動の火」の星座。心の中心で、そして人々の中心であかあかと燃える炎、まるで太陽のような存在です。誇り高く、まっすぐ、正直で、そして自分を明るく表現する人。そしてこの世界に楽しみと喜びをもたらすのです。この世界で最初に歌と踊りを発明し、遊具を作って人々をエンターテインしたのはきっと獅子座だったでしょう。展示の中から喜びのテクノロジーを見つけることができればきっとそれは獅子座の幸運の鍵に。

[キーワード]
オレンジ、ゴールド。娯楽に関するところ、劇場、華やかな場所。明るい色のもの、猫科の動物、光。太陽。照明関係。芸能人、自己表現に関わるもの。

[おすすめ作品]
杉浦邦恵(B1F展示)

Q. これらの写真は「フォトグラム」とよばれる、直接ものの影を写しとる技法で作られています。何を写したものなのかや、光の透過の具合に注目して見てみましょう。

乙女座|8月23日─9月22日 生まれ

乙女座は「柔軟の地」の星座。この大地からの恵みを変形させ、人の役に立つように作り替えていくことができる人。コツコツと目の前のことをやっていって、いつの間にか大きな仕事を成し遂げていくことができる人です。太古の世界で、最初に土器を作ったり、縄をない、織物で布を作り出したのはきっと乙女座の人だったことでしょう。展示の中から、細やかで繊細な仕事で心を動かすことができたらそれは乙女座の幸運の鍵になります。

[キーワード]
オリーブ、アースカラー。労働に関するところ、事務所、職場、ビル群。職工に関するところ。物事の細部。細かなもの、職人、ペット関連。工芸品。アートワーク。

[おすすめ作品]
実験工房 オートスライド《見知らぬ世界の話》(B1F展示)

Q.「見知らぬ世界」はどんなところですか? あなたはこの世界が好きですか?

天秤座|9月23日─10月23日 生まれ

天秤座は「活動の風」の星座。エレガントに風を起こし、人と人をつなぎ、そしてこの世界に美しいものを呼び起こすことができる人。天秤座の人の美的センスと社交術がこの世界を素敵にしてくれているのです。タイムマシンがあったら、僕はきっと世界で最初に花を生け、寒暖避けだっただけの衣装に「飾り」を天秤座さんが付けるシーンをみることができたでしょう。美をもたらす技術があなたの心をきっと強く動かします。

[キーワード]
ローズピンク、フローラル。エレガントな場所、人々の社交の場所。レストラン。花畑。スイーツを売っているところ。天秤は正義のシンボルなので裁判所。ファッションに関するもの、花。美しいもの。黄金比。バランス。モデル。香水。宝石など。鏡。

[おすすめ作品]
ロール・アルバン=ギヨー〈MICROGRAPHIE DĒCORATIVE〉(B1F展示)

Q. 顕微鏡で拡大したさまざまなものを写した作品です。どんなものが拡大されていますか? 元の姿の印象が変わって見えるものはありますか?

蠍座|10月24日─11月22日 生まれ

蠍座は「不動の水」の星座。水は感情、言葉にならぬ心、その深みを表しています。清も濁も包み込み受け止め、そして深く誰かを愛することができるのが蠍座。また劇的な変容を象徴する蠍座は一見、魔法や錬金術のように見える技術を司ります。1+1が3にも4にもなるケミストリーを生み出したのはきっと蠍座だったでしょう。そしてこの展示の中で物事の大きな変容をみることができればそれはあなたの心にも変化をもたらすはず。

[キーワード]
ワインカラー、黒。墓地、アンダーグラウンドなところ、性的なことに関わるもの。地下。爬虫類。タブーとされているもの。ダークなもの。人々が恐れるもの。

[おすすめ作品]
山沢栄子(B1F展示)

Q. 複数の異なる種類のものが組み合わさることで表現されていますが、それぞれどんなものが組み合わさっていますか? また、組み合わさることでなにが起きていますか?

射手座|11月23日─12月21日 生まれ

射手座は「柔軟の火」の星座。遠くにある、星のかすかなまたたきに手を伸ばし、歩き出す旅人の星座です。今、ここにはないものを求める人。若々しい魂をいくつになっても失いません。最初の人類はアフリカから全世界へと踏み出したとのことですが、その旅の道具を作ったのはきっと原初の射手座さんだったのでは。この展示の中でまだ見ぬ可能性を見せてくれるテクノロジーを見つけることができたら、それはあなたの幸運の鍵。

[キーワード]
ロイヤルブルー、深い紫。宗教的な場所、見晴らしの良い場所。飛行場。大学など高度な教育機関。大空、望遠鏡、遠くの景色。エキゾチックなもの。エスニックなもの。

[おすすめ作品]
Houxo QUE (2F展示)

Q. この空間には、実際に起きている現象と見せかけのものがあります。どれがどちらなのかわかりますか? 作品が置かれていることやあなたが見ているということも含めて考えてみましょう。

山羊座|12月22日─1月19日 生まれ

山羊座は「活動の地」の星座。この物質を積み上げ、動かし、人間にしかできないものを構築するのが山羊座なのです。現実的で社会世界が高く、人間関係の力学にも敏感。険しい行程を経ても目的地に到達することを考える人なのです。古代社会であの偉大な建築物を作るために大きく貢献したのはきっと山羊座の人だったでしょう。この展示の中で、何か偉大なものを構築する技術に感動したらそれはきっと山羊座の幸運の鍵になるはずです。

[キーワード]
アイボリー、茶色。重厚な建物。官庁。ビジネス街。歴史ある都市。岩場。骨董、歴史を感じさせるもの。人間の社会構造を思わせるシーン。

[おすすめ作品]
築地仁〈写真像〉より(B1F展示)

Q. そこに写っている建造物は、それぞれどんな形状をしていて、どんな質感と光の具合なのかに注目して見てみましょう。

水瓶座|1月20日─2月18日 生まれ

水瓶座は「不動の風」の星座です。風は知性を象徴、不動の風は透徹した揺るぎない知性の働きを象徴します。その知性は常識を打ち破り、これまでになかったインスピレーションをもたらします。テクノロジーは革新の歴史。水瓶座がいなければ人類の歴史の中で技術はきっと停滞したままだったでしょう。展示の中で逆転の発想、常識を打ち破る技術に感動することがあれば、それは水瓶座の知性への大きな恵みになるはずです。

[キーワード]
虹色、遊色、メタリック、人工的な色。未来を感じさせるところ、ハイテク、宇宙関連。ユニークなもの、ロボット、近未来的なもの。宇宙。星空。新素材。

[おすすめ作品]
ルー・ヤン《DOKU The Self》(2F展示)

 Q. 映像に登場するDOKUは、どんなキャラクターですか?

魚座|2月19日─3月20日 生まれ

魚座は「柔軟の水」の星座。すべての水は循環し、大海原へとつながっていきます。この水は、人を見えない世界へとつなげる無境界の境地を象徴します。魚座は直感力に溢れ、ロマンチストで人はパンのみにて生きることはないことをよく知っています。誰かの痛みを自分のものとして感じる人。太古の世界で最初に松葉杖や包帯を発明したのはきっと魚座でしょう。優しさが生み出す技術がきっとあなたの幸運の展示となるはずです。

[キーワード]
マリンブルー、透明。海、水を思わせるところ、この世ならざるところ。病院。魚介、ファンタジー、神秘的なもの。水に関するもの。

[おすすめ作品]
細倉真弓〈digitalis〉より(2F展示)

Q. 異なるジャンルのイメージがつながっていくことでさまざまな境界線が曖昧になっています。どんなイメージがつながっていますか?