program

スペシャルトークセッション 無料

カメラの自動化による創造のパラダイムシフト
―オートメイテッド・フォトグラフィを参照点として
[YEBIZO MEETS 地域連携:Vitality.Swissコラボレーション展示]

2023年2月5日 11:00-13:00

東京都写真美術館 1F ホール

このたびコラボレーション展示として実現した「オートメイテッド・フォトグラフィ」のプロジェクトは、ECAL/ローザンヌ美術大学が機械学習や写真測量による画像生成、CGI(自動プログラム生成)などの技術と表現の相関関係について、批評的な見解とともに表現の可能性について試みたものです。本プロジェクトに参加したECAL/ローザンヌ美術大学のクレマン・ランブレ氏に、その解釈について詳しくお聞きするとともに、自動化されたコンピューターヴィジョンの間に生まれる様々な創造性についてゲストと議論します。[日英逐次通訳付]

[スピーカー]
クレマン・ランブレ(ヴィジュアルアーティスト、ECALアーティスティック補佐)
小山泰介(写真家、TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT代表)
齋藤精一(パノラマティクス主宰、作家、クリエイティブディレクター、Vitality.Swissプログラムアンバサダー)
四方幸子(キュレーター、批評家)
[モデレーター]
ジョナス・プルヴァ(在日スイス大使館 広報・文化部長)

日時:2月5日(日)11:00-13:00
会場:東京都写真美術館1Fホール(定員190名)
料金:無料
参加方法:整理券が必要です。整理券は当日10時から1Fホール受付にて配布を開始いたします。

Guest

Related Program