50音順に調べる

フィリップ・オルレンディ

Philippe ORRENINDY

これまで脚本・監督を務めた作品は、短編映画『I'll wait for the next one』、『Black Lights』など。コメディー長編映画の脚本も手がけてきた。またL'Or?al、Alcatel 、France telecomなど50以上の企業フィルムも監督。ミュージカル「La conceirge est dans l'angoisse」の脚本・監督をAgnes Pelletierと共に担当している。

上映

映画は長さではない! ショートフィルムのポテンシャル 

過去10年間に渡り、世界中のショートフィルム(短編映画)を紹介してきた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」より、バラエティ溢れる作品を選考しました。我々の定義するショートフィルムの長さは、クレジット分を入れて25分以内です。(ちなみに米国アカデミー賞が定義するのは40分以下)ショートフィルムは、短いものは1分弱から、最長25分の中で、長編映画に負けないダイナミズム、奇抜な発想とエンディングが堪能できるのが魅力です。また、各国の作品を鑑賞する中で、次世代の映像作家の素晴らしい才能と情熱が肌で感じ取れます。今回、日本をはじめ、カナダ、ハンガリー、ノルウェー、フランス、インド、ニュージーランドからの作品を紹介しますが、あっと驚くエンディングのアニメーション、上質の親子ドラマ、実験的なコメディ、色彩豊かな映像などなど、ジャンルもテーマも様々です。商業的である為に、クリエイティヴ部分に妥協しがちな長編映画と違って、ショートフィルムは監督にとって、「自由に表現できるキャンヴァス」といえるでしょう。まだ、ショートフィルムをご覧になった事が無い方、是非、この機会にお越しください。LIFE IS SHORT…! (東野正剛)

ジャンル

上映

場所

1F

作品図版/画像
ギヨーム・フォルタン《The Outsiderよそ者》
2006年/ヴィデオ、カラー、サウンド/4分/ケベック、カナダ(ドラマ)

作品図版/画像
竹内幹《国際ハンカチイフ》
2007年/ヴィデオ、サウンド、カラー/10分10秒/日本 (コメディ)
作品図版/画像
ゲザ・エム・トス《マエストロ》
2005年/ヴィデオ、サウンド、カラー/4分46秒/ハンガリー(アニメーション)
上映日時

2009年02月21日(土) 11:00~
2009年02月26日(木) 16:00~

前のページに戻る