50音順に調べる

ポール・ウィンクラー

Paul WINKLER

1939年、ハンブルク生まれ。1959年にオーストラリアに移住。以来ユニークな作品を大量に制作。マットショットや再撮影といった特殊な映像効果の使用がじつにユニークな合成画像をもたらし、時間と空間を脱構築する。ウィンクラーはオーストラリアの主要芸術機関で個展が開催される唯一の映像作家。彼のフィルムは海外の主要美術館でもよく上映される。

上映

オーストラリア・アートフィルム史

アザーフィルムは、オーストラリア・アヴァンギャルド映画の歴史と現状を概観する2つのコンピレーション・プログラムを上映。不規則に明滅する栄光に彩られたアヴァンギャルド映画の全容を紹介する。 オーストラリア・アヴァンギャルド映画史の特徴は、風景、疎外、知覚といった主題の形式的追求にある。作品自体は同時代の欧米の映画作家たちと交流があったものの、実験映画作家の多くは外界から隔絶された環境で制作を行ない、スプリットスクリーン、マット処理、オプチカル・サウンド、コラージュアニメーション、カラー分解などの光学的技術を使って高度な実験を行なってきた。風景や形式的前提を出発点とする本プログラムの作品には、60年代初頭から90年代にかけてのオーストラリア・アヴァンギャルド映画の特徴であるイコン的美学や革新的なアプローチが反映されている。

ジャンル

上映

場所

1F

作品図版/画像
ドゥサン・マレク《アダムとイヴ》
1962年/16mmフィルム、カラー、サウンド/10分/オーストラリア
作品図版/画像
デヴィッド・ペリー(ユビュフィルム)《ハーフトーン》
1966年/白黒、オプティカル・サウンド/1分/オーストラリア
作品図版/画像
アルビー・トマス《男と彼の世界》
1966年/カラー、サウンド/1分/オーストラリア
上映日時

2009年02月22日(日) 19:00~

前のページに戻る