artists

バスター・キートン Buster KEATON

バスター・キートン

Buster KEATON

ヴォードヴィル芸人の両親のもとに生まれ、幼い頃から舞台に出演。1917年、単身ニューヨークに出た後、喜劇スター、ロスコー・アーバックルとの偶然の出会いから映画の道へ。ロスコーの移籍に伴い、自ら演出と主演を兼ねた短編制作を開始し、やがて長編の傑作コメディを続々と送り出し黄金時代を築く。《文化生活一週間》(1920)は、キートン初の単独主演作、かつ初監督劇場公開作品(エドワード・F・クラインと共同監督)。